税務調査がきやすい?

9月 15, 2010 | Comments Off

事業をしていれば、税務調査って必ずあるものだと思っていて間違いないでしょう。
まだ、一度も税務調査に入られたことがないという方も、今後対象となると思って、きちんとした税務処理を行い、税務調査の対策をしておきたいものですね。
税務署員の数はほとんど横ばいだといわれていますが、法人の税務調査の件数は増加しているそうです。
資本金がいらなくなって会社自体は増えているのかなと感じていましたが、不況のせいかなくなる会社もあるわけで。
そんな関係からなのでしょうかね。
9月も半ばとなりましたが、あなたのまわりでも税務調査の話を聞くようになりませんでしたか?
秋は税務調査が一層多くなる時期です。
やはり、税務署としては、実りのある税務調査を行いたいわけで、数ある会社の中から、ここは、成果をあげれそうだな・・・という会社を選択して税務調査を行っているのではないかと考えられます。
成果をあげやすいということは、まだ納税すべき税金がありそうな会社ということになりますね。
ではどんな会社が選ばれやすいのか?
一般論としては、前回の税務調査の時の内容がとても悪くて過去に重加算税を支払っているような会社。
これは当然ですね。前回の税務調査を経て、その後きちんとした会計処理を行っているのか、税務調査の対策をきちんとしておかなくては、また前回と同じ結果になってしまいますよ!
あとは、業績がよい業界にある会社。
脱税多い業種の会社。
同業種なのに、売上と費用の違いが大きいような場合などがあげられるかと思います。
いずれにしてもきちんとした税務調査の対策をしていきましょう。

税務調査対策のため?

8月 19, 2010 | Comments Off

こんにちは。

税務調査の対策として、必ず、税理士さんに関与してもらっていたほうがいいのかという質問を受けました。
なんでも、前年までは税理士さんに、毎月の帳簿や、確定申告の際はお願いしていたそうですが、業績も思わしくないのと、自分でも出来る範囲だと判断して、税理士にお願いしるのを辞めたそうですが、前年まで、申告書に税理士の名前とはんこがあって、次期からはない場合は、税務調査に入られやすいのではないかという心配があるようでした。

日本は申告納税制度を設けているので、自主的に申告して納税を行いますね。
ですから、必ずしも税理士の関与が必要というわけではありません。
上場企業であれば、会計監査は必要ですが、そうでないなら、自分できちんとした申告ができるのであれば、税理士に必ず依頼することもありません。
ただ、税務調査の対策もかねて、金銭的にも余裕があるのであれば、依頼していると安心ではあるかと思います。
今では、国税庁のホームページもとてもすばらしく出来ていて、わかりやすいですし、税理士さんに報酬を支払ってまで・・・と、感じている方は多いのかもしれませんね。

たとえ、税務調査に入られても、自分自身できちんと帳簿をつけて間違いのないようにきちんと対策して申告しているのであれば、何の問題もないと思います。

きちんとしているつもりでも、間違えは誰にでもあることで、そんな場合は仕方がありませんが、帳簿に何の問題もない場合は税務調査があっても、問題はなく過ぎていくと思いますよ!

税務署の職員さん

7月 6, 2010 | Comments Off

税務調査の時期です。
皆さん対策は出来ていますか?
きちんと対策して万全の体制で政務調査に対応していきましょう。
先日税務署の人と少しお話する機会がありましt。
子供がらみで出会った人なのですが、お仕事の話になると、言いにくそうに税務署に働いていますとおっしゃいました。
税務署に働いていることを、あまり知られたくない様子でした。
そんなものなのかな~

税金を取り仕切り、国の財政確保の大切な仕事をしている税務署の方たち。
しかし、反面私達国民からの目線では好意はあまり持たれていないのが現状なのかもしれませんね。
税務調査のときは、容赦ないイジメのように感じる場合も多少あります。
個人としてはとても良い方なのに、税務調査などの仕事の内容が好意を持たれていないからといって可愛そうではあります。

だって、零細企業とか庶民を相手にばかりして、少しでも税金をもぎとっていくイメージですもんね。
だったら、きちんと政治家がらみの企業とかもちろん政治家自身の調査を徹底的にやってもらって、私達と同じような目線で仕事をしてくれたら、きっと税務署員のことを悪い風に思う方はいないんじゃないかななんて感じます。
それだったら、もっと頑張って!税務署さん!
ってみんな思ってくれるでしょうね。

すべては国の政策がいけないから、税務署の職員さんたちも可愛そうなイメージなわけではないでしょうかね。
もうすぐ選挙。
その政党がいいとか悪いとか、政策を見てもどれもパッとしませんし、どこが政党とろうとまた同じことの繰り返しではないかと、あまり期待もしていませんがね。

税務署の職員

6月 15, 2010 | Comments Off

税務調査は苦手だけど、税務調査官・窓際太郎は好きな私です。
小林念待さんが、いい味出してますよね。
税務調査官っていうと、なんだか堅いイメージがありますけど、小林念待のキャラはとてもいいですね。
あんた税務調査官なら親しみやすくていいかも・・・
税務調査って、一般家庭のお茶の間にはなかなか話題にあがらないようなことだと思います。
なんだか近寄りにくい問題や人たちといったイメージではないでしょうか。
でも、税務に関する問題や税金に関することをわかりやすく説明してくれますし、とても楽しく見れますね。

ただ、税務調査で税金をむしりとっていくイメージとは違って、どうして税金を支払わなければいけないのか、この税金を支払うことによって、私達の生活がどうなるのかっていう部分もお茶の間で見ている私達にとってはこのドラマを通して、税金を納めることの大切さを再確認することもできますし、いいドラマだなと思っています。

作り話だけど、どこかにこんな税務調査官がいたらなー、なんて思ってしまいます。

そんな税務署員なんですが、愛知県では確定申告書を半年もの間放置してなんとシュレッダーにかけちゃった職員がいましたよね。
そして同じ申告書を偽造して作成したとか。
まー、実際に被害はなかったとはいえ、大問題ですよね。
納税者に申告内容を確認したために発覚したから、こんな大事になったわけだけど、もし、それが、署内で内々にやられていたとしたら恐ろしい話ですよね。
税務調査の徹底対策をして申告を真面目にしている私達を馬鹿にしていますね。
期日を守らないと加算税が課されるのに、こんないい加減な署員が存在するなんて、言語道断です。

税務調査官・目の付け所

5月 11, 2010 | Comments Off

個人の方や会社の経営者の方は税務調査の対策をアレコレとしていらっしゃることでしょう。ただし相手はと手ごわいどころの騒ぎではないプロ中のプロ!!とてもかなう相手ではないのでそれならばどこに目をつけるのかを知っておきましょう。
調査にかかる時間は限られています。だらだら長々とはいきません。短時間で的確に的をついてきます。
証拠を抑えようと何よりもウラヅケとなる数字を見逃しません。過去3年間の帳簿はチェックされます。これは見られたくない、というものは早めに整理することです。しかし、それもすべて見抜かれていますから整理できているのであれば堂々としていましょうね。
帳簿などはもちろん以下のこともそれはそれは細かく・・・
在庫・・・在庫が少ない=売上原価が高いというところから在庫は操りやすいところです。ごまかしやすいところは必ずチェックが入ります。
交際費・・・叩けばほこりが出やすいトコロです。ここから知られたくない交友関係が発覚してしまうこともあります。
報酬・・・役員の報酬など見合ったものになっているかどうか。賞与と別になっていますか~?
架空・・・人件費・水増し発注・仕入れなど『架空』というものには敏感です。存在しないものがないかどうか。
減価償却資産・・・大企業は除きますが30万円未満の場合、費用処理が可能でも本当に30万に満ていないのかどうか。

調査員の目的は不正行為がないかどうか調べることです。へたに特別扱いすると変に勘ぐられてしまいますよ。

こんにちは。今週は全国各地、桜の名所が賑わっていますね。皆さんはお花見にいかれたでしょうか。
さて、今日の税務調査対策のお話しは、過去のデータのチェックについてです。

会社に税務署がやってきたという経験がある場合はご存じかもしれませんが、初めて対応するという場合、どうしても気になるのは、『税務署は、過去何年分の経理のデータをチェックするのか』ということではないでしょうか。事前に、税務署がやってくることまではわかっていても、『過去のデータ何年分、チェックしますから、準備しておいて下さいね!』とまでは教えてもらえませんよね。
それにもまして気になるのは、もし過去にどんどん遡って調べられて、ミスが見つかってしまった場合、今になってそれを正すように求められるのか、非常に気になるところです。

一応、これは通説ですが、税務署がチェックしていくのは3年分が普通と言われています。もし、税務署に怪しまれるような材料があれば5年分、最大で7年分のデータが調べられるようです。
なぜ、最大7年なのか。それにはちゃんと理由があります。それは、帳簿の法定保存期間が申告後7年間だから。つまりそれより前は調べたくても調べられない、ということになっています。
その前の5年分という区切りについては、所得税法での最高刑が懲役5年で、公訴時効が5年だから、と言われています。
とにかく、問題が無ければ通常は3年分と思っていていいと思います。どうぞ皆さんもご参考にしてください。なによりもまず、税務署に怪しまれないような誠実な経理処理を行っていれば、何も心配する必要はないですよ!!

税務署は甘くありません!

3月 11, 2010 | Comments Off

こんにちは。もうそろそろ確定申告の締め切りですね。皆さんはお済みですか?あとあと税務調査に入られて困ることのないように、申告すべきところは抜かりなくやっておきましょう。
最近は、対策もいろいろ考えられていて、なんとか納税額を減らそうと一生懸命になっている人が多いように思います。もちろん、それが正当なやり方でないといけないのは当然ですが、「このくらい、解らないはず・・・。」なんて、高をくくって申告をしなかったりすると、後で大変な目にあうかもしれません(>_<)
また最近は、税務署が発行してくれる所得証明や納税証明というものが、わたしたち個人の資力と信用度を測る為の証明となるケースも多く、そういった意味でもしっかりと納税しておくことは、自分の信用度を上げるためにメリットになることもあります。節税するばかりがいい事とは限らないのかもしれません。

申告漏れというのは、たいていは税務署がチェックすればばれるものです。新しく事業を始めたばかりだから、半年分の収入ぐらいなら、大きな利益ではないし、申告しなくても大丈夫、なんて考えている人もいるようですが、けっしてそんなに甘くありませんよ。前年の納税額との格差もしっかり確認していますので、明らかに差額が大きいと、税務署はあなたの事業所を調査対象にするでしょう。
もちろん、うっかり忘れてしまうような小さなミスならまだマシですが、額面が大きかったり、明らかに意図的に申告漏れがあったような場合は、そのペナルティはかなり重いです。重加算税は、本税の35%にもなりますし、内容が悪質な場合は訴えられる可能性も。税務署は決して甘く見てはいけない存在です。

現況調査の対策について

2月 4, 2010 | Comments Off

こんにちは。今日の税務調査対策のお話しは、現況調査について述べていきます。
現況調査ってご存知ですか?よく、現金商売をやっている企業などに、税務署員が突然やってくる税務調査のことです。これは、普通の企業ではあまりみられない方法で、事前連絡なしにやってくるため、日ごろから対策を考えておく必要があります。

現況調査が入って、税務署の担当員が最初に確認するのは帳簿。毎日の売上が、正しく記載されているかをチェックしていきます。
現金商売をやっている企業は、売上げを帳簿に移したときに、その証拠になるレシートや売上伝票を破棄してしまうケースが多いので、その証拠が残っているタイミングを見計らって、税務調査に入ることが多いとか。突然やってくることで、証拠隠滅などが出来ないように、と、税務署も対策をいろいろ考えています。
実際に税務署員がやってきた時、昨日の売上が正確に記帳されていれば、すぐにその日はいったん終了となります。もちろん、正しく記帳されていなければ、税務調査はどんどん長引いていきますよ。

また、現金商売をやっている人は、自宅の方も対策を考えておきましょう。税務調査は、現金の保管場所を確認するという意味で、その企業の事務所だけでなく、例えば社長の自宅にも税務署員がやってくることも。
やましいことをしていなくても、いきなりの税務調査はちょっとびっくりしてしまいますから、日ごろからしっかり対策をし、突然の訪問にも落ち着いて対処できるようにしたいものです。

早めの準備・対策が肝心

1月 8, 2010 | Comments Off

あけましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願いいたします。
1月に入ると確定申告のことが頭をよぎる、という人は多いでしょうが、せっかくですから今年は税務調査対策を早めに始めてみませんか?
税務調査が行われやすい時期として、5月とか9月とか、いろいろなウワサはあります。でも、あくまでもそれはウワサに過ぎず、突然税務署から、調査したいという電話がかかってくることもありうるのです。そんな時に、慌てて対策をしようと思ってもなかなか上手く進めることはできないもの。税務調査の対策は、早めにやっておいて損は無いと思います。今回は年頭ということで、税務調査対策に必要な基本的な事をおさらいの意味でご紹介します。

税務調査対策その1 ● 税務調査対策は、書類の整理が肝心!
税務調査対策といえば、何が何でも書類の整理が一番重要です。
揃えておく書類としては、「現金出納帳」、「総勘定元帳」は重要ですね。必ずチェックしておきましょう。また、売上に密接に関わってくる請求書や納品書、領収書の類もしっかりそろえておいたほうがいいですね。税務調査対策を行うには不可欠です。

税務調査対策その2 ● 税務調査対策は、プロにも相談
大きな会社などであれば、税務調査の対策を税理士に相談するということも良くあると思います。社員にやらせるという会社も多いでしょうが、やはり税務署の調査チームはプロですから、プロ対策はプロに任せるのが一番!もちろんその分、コストはかかりますが、税務調査が始まる前に、税理士と綿密なチェックと打ち合わせが出来れば、対策もばっちりですよ!

こんにちは。今日は表題の件、税務調査をスピーディに済ませる対策を考えてみましょう。
今年、税務調査がやってきたという企業の方もいるかもしれませんが、「こんなに不景気で儲かっていない状況で、税金ばっかり取るなよ~!」というのも内心ありますよね。黒字の会社に税務調査が入るのならまだしも・・・どうして?と思ってしまいますが、現実は厳しいですね。

近頃、税務調査のやり方が少し変わってきているという噂もあります。税務調査に入ると、消費税と法人税、源泉所得税について、まとめて調査する方法になってきているようです。まとめて税務調査されると、対策も困ってしまう?!いいえ、大丈夫です。ちゃんとポイントをおさえて対策を行うことで、税務調査もスピーディに済ませられます。

まず、消費税ですが、重要なのは課税区分が正しく成されていること。消費税がかかるのか、かからないものかという仕分けを日ごろから正確に行いましょう。
次に源泉所得税ですが、こちらは給与計算ソフトで完璧に処理してください。最近のソフトは良く出来ていますから間違いも少なくなります。個人に対する支払いで難しい、支払手数料や外注費などがありますが、源泉するかしないか、迷ったものは丁寧に確認しておいてください。
そして、主となるのは法人税。貸借対照表の残高確認はもちろん、売掛金や棚卸資産がもれなく計上されているかどうか、固定資産など資産が正しく処理されているかなど、日頃から、正しく処理をしておくことで、あらためて対策を練る必要は、本来はないのです。税務調査の対策は、できるだけ時間をかけたくないもの。あなたも早く済ませる対策を、今からしっかりと行っておきましょう!


次のページ »